臨月がしんどい二人目妊娠中。しんどさの理由と対策法

2人目を妊娠中で臨月に入ったけど、すごくしんどい……!
皆どう乗り越えたの!?


と思っているママさん!


2人目のご妊娠、おめでとうございます!
臨月までよくぞ頑張りました!えらい!

しかし色々しんどいですよね、2人目の臨月……

まあ臨月の前からしんどいことはたくさんある訳ですが……(笑)


この記事では、

ここがしんどいよ2人目の臨月!というテーマで皆様と辛さを分かち合いつつ、
私や他のママたちはこんな方法や考え方で2人目の臨月を乗り越えたよ!
という経験談をまとめました。

今まさに2人目の臨月を迎えている方やこれから迎える方、またはそのご家族の参考になれば嬉しいです.

目次

ここがしんどい!2人目の臨月




臨月を迎える頃、こんな質問をTwitterでしました。

2人目妊娠中の臨月のどんなところがしんどいのか……
私自身の経験や他のママの意見をもとに考えると、
主なしんどいポイントは3つあります。

①上の子のお世話がしんどい
②マイナートラブルがしんどい
③家事をするのがしんどい

この3つが掛け算状態になって(?)しんどいんですよね……!

それぞれもう少し詳しく話しますね。

上の子のお世話がしんどい


ただでさえお腹が大きくなって、自分自身の体調が安定しない中、上の子のお世話をしなきゃいけないのは……

しんどいです!

・お散歩
・外遊び

私は自宅保育だったので、上の子と一緒に過ごしていましたが、このあたりが特にしんどかったです………。

上の子が保育園や幼稚園に通っている場合は、

上の子を妊娠している時は、お仕事の時以外は基本的に自分のペースでゆっくり過ごしていました。
しかし、2人目の妊娠ともなると、上の子のお世話をせざるを得ない状態。
夫がお仕事の日はワンオペです。

そのせいか、上の子妊娠時より以下のような状態になることが多かったです。

・お腹が張る
・眠い(でも眠れない)
・すぐ疲れる

上の子とたくさん遊んであげたいのに、それが出来ないもどかしさで申し訳なくなるんですよね……

お子さんによっては、2人目の妊娠中、臨月あたりから赤ちゃん返りが始まることもあります。

臨月の育児は本当にハードです。しんどい。

②マイナートラブルがしんどい



これは1人目の時もありましたが、妊娠中のマイナートラブルが本当にしんどいんですよね。

私の場合は、以下の4つがしんどかったです。

・頻尿
・腰痛
・睡眠不足
・お腹の張り


特に頻尿のせいで夜にまとまって眠れないのが1番しんどかったです。

新生児育児に身体が備え始めるのか、夜眠れないんですよね本当に……。

1人目の時は、朝方からお昼にかけて寝てました。(笑)

しかし、2人目の妊娠となると上の子のお世話もあるので、好きな時に眠ることができません。

毎朝きっちり長男に起こされました(笑)

あとは、腰痛がひどい中、上の子を抱っこするのもしんどいんですよね。
でも抱っこしないとぐずぐずされてしまうし……。

なるべく抱っこしてあげたいものの、臨月に入るあたりでお腹が特に張りやすくなってしまい……
下の子には申し訳ないですが、大きなお腹をヒップシートのようにして抱っこしてました(笑)

私は最後まで何とか自宅で過ごすことができましたが、周りの2人目妊娠中のママは切迫気味で入院する方もいました。

切迫気味だと、抱っこも思うようにできなくてよりしんどいはず。
入院中上の子に会えないのも寂しいですし。

③家事をするのがしんどい

臨月に入ってからの1週間はまだ早産扱い!切迫で入院していたママは特に無理できないですよね。


どんどんお腹が大きくなってトイレ掃除やお風呂掃除もしんどくなってきます。
掃除機かけるのもしんどい……!

個人的には、料理が1番しんどかったです。

寝不足の頭で献立を考える
大きいお腹と上の子を抱えて買い物に行く
いざキッチンに立ち続けるとお腹がすぐ張る
せっかく作ったご飯も上の子は食べてくれない(笑)
後片付けをする頃にはくたくた……

ただでさえ3食考えて用意するのは大変なのに、上の子の面倒を見ながら身重の身体でご飯を作るのが大変でした。

2人目の臨月がしんどい時の対策

上の子のお世話がしんどい時の対策法



①周りの人や預かり保育などに頼る

夫がいる時は、夫に育児を任せて休ませてもらっていました。
実家や義実家が頼れるのであれば、少し面倒を見てもらって休めると、ママも少し楽になります。

近くに一時預かりをしてくれる保育園があるならば、そこに上の子を預けるという手もあります。
Twitterのフォロワーさんたちも、一時保育を利用してるママさんが結構いました。


面倒見のいい職員さんのいる支援センターに行くのもおすすめです。
2人目妊娠中のママを気遣って、職員さんが上の子と遊んでくれた!というママも多いです。

私も何度か2人目妊娠中に支援センターに行きましたが、職員さんに“ママは座っててもいいですよ!私たちが一緒に遊んでますね!”と声をかけてもらって、休ませてもらったことがありました。

少しでもいいから他の人に任せて休めると、心も身体も少し楽になります!

②おうち遊びを充実させる

一時預かりや支援センターに行くのもしんどい……

そんな時は、おうち遊びを充実させるのもありです。
私も外に出るのがしんどい日も多かった上に、梅雨の時期もあって外での遊びやお散歩をするのが難しい日も多くて。

そんな時のために買ったのが、ジャングルジムでした。

我が子が1歳前後から使ってますが、妊娠後期からは特に大活躍しました。
外で動き回れない分は、ジャングルジムで身体を動かして体力を削る作戦、いいですよ!(笑)

おうち遊びのネタが尽きた時は、おもちゃのサブスクを数ヶ月だけ試したこともありました。

おもちゃのサブスクはだいたい2ヶ月のサイクルでおもちゃの交換をする会社が多いです。
臨月に頼んで、産後1ヶ月の床上げまで遊ぶ感じにすると、1番大変な時期の上の子の遊びのバリエーションが増えますよ。

③ママがひとりになる時間を作る
これは①で紹介した預かってくれる人がいる時にしかできないですが、ママのひとり時間を作るのも大事です。

いくら上の子が可愛くても、妊娠中という自分の身体が万全ではない中でお世話をし続けるのってしんどいんですよね。

私の場合、夫が上の子を連れて遊びに行っている間に、こうしてブログを書いたり空いてそうなカフェでゆっくり過ごしたりしてリフレッシュしていました。

少し上の子と離れて1人になる時間を作って好きなことができると、また頑張ろう!と思えます。

マイナートラブルがしんどい時の対策



→子どもが寝たら自分もすぐ休む!
1人目は使ってなかったけど、2人目は抱き枕やクッションがあると楽に眠れた!
→クッションアフィ紹介

腰痛なら骨盤ベルトをする
→1人目はしてたのに、2人目はしていなかった(笑)
私は産前産後どちらもいけるものを使ってた

2-3 家事がしんどい時の対策

①家事は最低限でOK!と思って割り切る

臨月に入った時期は、家族皆が生きていればOK!と思って過ごしていました(笑)


洗濯も毎日はせず、切羽詰まったらやる……といったように、最低限にしていました。


②夫や他の人に任せる
自分で家事をするのがしんどい、でもさすがにこれはやらないと……!
という時は、夫にお願いしていました。

トイレ掃除とお風呂掃除は夫に任せてました!

夫に家事をしてもらうと気になる部分も出てくるかもしれませんが(笑)、お礼を言って気になるところだけ自分でささっとプラスしてお掃除してました(笑)


③産後も想定して宅配弁当や食材宅配などのお試しサービスを利用する

これも実際私がやっていたことなのですが、産後の大変な時期を想定して、宅配弁当や食材宅配などのお試しサービスを利用して妊娠中から楽できる方法を模索していました。

産前からサービスを検討しておくと、産後に本当に利用したいサービスを見極められて良かったです。

1番楽なのは宅配弁当です。

私が試した宅配弁当でおすすめのものは以下の通りです。

・ママの休食
・セブンミール




詳しいレビューはこちらの記事にまとめてあります。


料理自体は作れそうだけど、献立を考えたり買い物したりするのがしんどい……
という場合は、食材宅配もおすすめです。
ミールキットがついているものだとより楽です!

私が試した中でおすすめの食材宅配は、
・Oisix
・ヨシケイ

お試し中なのが、

・おうちコープ

です。
こちらも詳しいレビューは別の記事にまとめる予定です。

④時短家電を使う

・お掃除ロボット
・食洗機

・ドラム式洗濯乾燥機
・電気圧力鍋

などなど…最近は便利な時短家電がたくさん売られています。
値の張るものも多いですが、毎日の家事を楽にしてくれて本当に最高です……!

我が家は上の子が産まれる前から時短家電にお世話になっています!

頼れるものは頼りまくりましょう!

臨月がしんどい二人目妊娠中。何がしんどい?対策も紹介…まとめ

2人目の臨月がしんどいのは、

①上の子のお世話がしんどい
②マイナートラブルがしんどい
③家事をするのがしんどい

この3つが掛け算状態になって同時に起こるからなんですよね……。

しんどいことも多いですが、上の子だけと過ごせる時間も、2人目の臨月期間もあと少し!

周りの人や便利なものとサービスを頼りつつ、何とか妊娠期間を乗り越えて
元気な赤ちゃんに会えますように!

しんどいよ~と誰かと話したい時は、私のTwitterに遊びに来てください~!(笑)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事の感想をシェアしてもらえると嬉しいです!

この記事を書いた人

料理は嫌いじゃないけど、作るのが面倒になることは多々ありの
2児の母。食べるの大好き!
産後のご飯作りがもっと楽になるように、日々模索中。
皆のご飯作りも楽になるように、自分の経験をここで発信します!

コメント

コメントする

目次
閉じる